ライブチャット TAKAHASHI 中国 無修正 ライブ かわいい

せんじつけいさいしたきじのなかで、「であいけいさいとではみりょくてきにかんじたので、あうことにしたらはんざいしゃだった」といったけいけんをしたじょせいのはなしがありましたが、かわいいじょせいがそのごどうしたかといえば無修正、そのだんせいとふつうにこうさいをはじめることになってしまいました。
そのときのじょうきょうがライブ、「だんせいがやくざにしかみえずかわいい、どうしてよいかわからないままそのときはいっしょにいくしかなかった」とおもったそうですが中国、はなしをききすすんでいくとTAKAHASHI、じょせいとしてもこうきしんがでてきてそのままかんけいをつづけようとおもったようです。
どのようなはんざいをかれがおかしていたかというと、ライブふつうはもっていないようなおおきめのはものでさしたあいてはじぶんのおやというじけんですから、きけんだとかんじてもおかしくないとないしんかんがえることもあるとおもいますが、おしゃべりをしたかんじはそうではなく、TAKAHASHIじょせいにたいしてはやさしいところもあったので中国、きをゆるせるあいてだとおもって、おたがいにこいびととしておもうようになったのです。
そのかのじょとだんせいのかんけいについては、きがつくとふしんなこうどうをしているときがあったので、無修正そうだんするようなこともなくいえをでてTAKAHASHI、つきあいをそのままおわりにしたというけつまつなのです。
とくにいからせることがなくてもきょうふをかんじるようなじょうきょうで、だんせいとくらしていたいえから、すこしでもはやくはなれようとでてきたというはなしをしていましたが無修正、どうやらきょうふをかんじるようになったというぶぶんがいちばんのもんだいではなくライブチャット、いえばわかるようなもんだいで、ライブてをあげてだまらせたり、ライブチャットぼうこうをためらわないようなうごきをするばあいがあるから、ようきゅうされればおかねもだすようになり、ほかのようきゅうもことわることをせず、そういったじょうきょうでのせいかつをつづけていたのです。

関連記事